女性

保湿がアンチエイジングのカギだった|化粧品を見直して若返る

肌をきれいに見せるメイク

目

エアブラシは、液状のファンデーションを肌にスプレーのように噴射するメイク法です。普通のベースメイクに比べて、肌を綺麗に仕上げることができます。また、肌への摩擦が全く無いので、とても優しくメイクを行う事ができます。

もっと読む

印象ある目元に

鏡を見るレディ

まつげは、マスカラなどで一時的に長くすることもできますが、地毛が太くて長くなる方がすっぴんでも自信が持てます。頭髪同様にまつげにも育毛剤があります。頭髪の育毛剤メーカーが販売しているケースが多いので、頭髪でも評判がいいメーカーを選ぶことをおすすめします。

もっと読む

シミに効果がある成分とは

レディ

年齢肌の悩みとして、シミを挙げている方はとても多いです。紫外線が影響してメラニンがふえてしまうことも原因なのですが、そこに働きかけてくれるものとして、ビタミンc誘導体という成分があります。化粧水などにも配合されているものがあります。

もっと読む

スキンケアは保湿を重視

シミ

潤いのある肌を保つために

気になるシミやシワ等の肌悩みは、乾燥が1番大きな原因です。どんなに良いアンチエイジング化粧品を使っていても、保湿がしっかりされていないと効果は半減してしまいます。そのために、化粧水をたっぷり肌に入れ込む事が大切です。肌に刺激を与えないように、パッティングのし過ぎに気を付けて、おさえるように馴染ませます。そして、アンチエイジング効果を高めるためには、重ね付けがおすすめです。1度適量を浸透させたら、2〜3回丁寧に入れ込む事で、肌の奥まで潤いが届きます。水分は蒸発しやすいので、必ず乳液やクリーム等の油分でフタをして下さい。使う化粧品は、アンチエイジング効果にこだわりすぎず、自分の肌質に合った物を選びましょう。

効果を高めるポイント

洗顔後、数分のうちに肌は乾いてしまいます。少しでも早く保湿をするために、洗面所に化粧水を置いておきましょう。この時は、アンチエイジングに特化した化粧品よりも、さっぱりしたミスト状の物がおすすめです。そうすると、導入効果が得られます。一時的に保湿をしたら、メインの化粧水をたっぷり入れ込んでいきます。また、週に2回程行いたいケアが、コットンパック。アンチエイジングに効果的な方法は、コットンがしっとりするまで化粧水を含ませ、目元や口元、頬を中心にコットンをのせます。最も年齢が出やすい場所に集中して潤いを与える事で、小ジワもできにくくなります。また、メイクアイテムも、保湿効果の高い化粧品を選ぶように心掛けましょう。ミスト状化粧水を持ち歩いて、お直し時にメイクの上から潤いを与える方法もおすすめです。